【フランスを代表する伝統と革新的なブランド GUERLAIN(ゲラン)について】 | 中古品でも高額査定!化粧品・香水・コスメ買取のグリーチェ-中古品でも高額査定!化粧品・香水・コスメ買取のグリーチェ

【フランスを代表する伝統と革新的なブランド GUERLAIN(ゲラン)について】

コスメ好きなら一度は憧れるフランスの一流コスメブランド ゲラン。ソシエなどの一流のエステ店でもよく使用されていますよね。

今回はそんなゲランの格式高い伝統と洗練されたコスメの魅力についてご紹介します。

2016-05-31

 

【ゲランはパリの一流コスメブランド】

帝室御用達にもなったコスメメーカー

ゲランは1828年に創業されたランスの高級コスメブランドです。その後1853年ごろ、当時のフランス皇后であるウジェニーに彼のシンボルであるミツバチが刻まれたゴールデンボトルの香水を献上し、皇室御用達になったことがきっかけになり、その名を世界中に広めていきます。

 

 

シャンゼリゼ通り68番地はデザインやファッションの最高峰

Guerlain 68, Champs-Elysées Paris

シャンゼリゼ通りは世界有数のファッションブランドやコスメブランドが集まる特別な場所です。世界中のアーティストが憧れるその土地にゲランは1914年に店舗を開きました。

さらに、100年後、アメリカ人建築家のピーター・マリノによって2013年に建てられたのが、ゲランの新しいブティックです。

 

5代にわたる調合師の才能をそれぞれ活かしたゲランの香水

Les Parisiennes - Guerlain

ゲランは近代香水を導入したブランドとして有名で、1889年に合成香料を使用して製品化に成功しています。ただし、創業者から4代目までは伝統の調合技術ゲルリナーデを守り調香師によるブランドを維持しています。

このように、伝統技術への理解と革新的な技術の探求こそがゲランブランドを象徴するブランド精神として世の中に浸透しています。

また、1987年までは創業者一族の共同経営が強いゲランでしたが、1994年にLVMH(エルヴェエムアッシュ モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)のグループに入っています。その頃には、伝統調合の配合がグループの研究や時代のニーズに合わせて変革されて新しいゲランブランドの香水になっています。

 

ゲランの香水は芸術品としても価値がある

Guerlain

ゲランは美しいデザインの製品を生み出し続けることに妥協しません。

香水のボトルの多くをフランスにあるクリスタルブランドメーカーであるバカラ社のボトルを採用しています。バカラ社のクリスタルの精巧さと美しさ、ゲランの香水へのこだわりがマッチしさらに芸術的な作品になっていることも人気の秘密です。

 

 

【ゲランの香水ベスト5】

ゲランの香水の中でも、特に人気が高い商品を5つご紹介します。

 

サムサラ

サムサラは1989年ジャン・ポール・ゲランの調合によって誕生した香水です。この香水はジャン・ポールゲランが愛した女性の為に作ったと言われています。その最愛の女性が愛したサンダルウッドとジャスミンを使って作られた個性的でありながら調和が取れた香りです。

ボトルは彫刻家であるロベルト・グラナイがデザインし、キャップは仏像の目をモチーフにしてると言われています。

サムサラの名前の由来は、サンスクリット語で「輪廻」「永遠の再生」などを意味します。また、サムサラは近代においてゲランの名を香水ブランドとしてさらに世界に広げた商品の一つです。サムサラ発売後にはゲランの売上が20億フランにもなったといわれています。

 

 

シャンゼリゼ

シャンゼリゼは1996年に発売された香水で、4代目のジャン・ポール・ゲランが唯一LVMHのグループに入ってからも、調合を続けた香水です。

シャンゼリゼは、新しい時代のパリの香りとフランスの文化愛を感じさせる香水で、世界で最も美しいとされているシャンゼリゼ通りが名前の由来です。

明るいフローラルの香りが特徴的な誘惑の香りで、ボトルは女性の美を意識して作られているキレイなラインで構成されています。

 

 

ジッキー

ジッキーは1889年にエメ・ゲランがイギリスで出会った魅力的な女性”ジッキー”を想いながら作った香水で、合成香料初の香水として近代香水の可能性と歴史を変えた商品です。

発売当時、斬新な香りに女性は戸惑いましたが、男性にはすぐに人気になり、現在でもユニセックスフレグランスとして男女問わず愛されています。

 

 

ミツコ

ミツコは、3代目ジャック・ゲランによって作られた香水です。1919年ごろに発売され、当時ヨーロッパは日本ブームになっていたことから、その流れに乗った発売されました。

ミツコという名前の由来はフランスの作家によって書かれた『ラ・バタイユ』という小説の中に出てくる日本人女性からとったもので、香りも強い意志を秘めた女性をイメージして作られています。

ボトルはバカラの名工ジョルジュ・ジュヴァリエがデザインしたもので、アール・ヌーヴォー期 特有の渦巻き模様で飾られています。

 

シャリマー

Shalimar - GuerlainP011355_list_0

シャリマーもジャック・ゲランの調合で、世界で初めてのオリエンタル系の香水として1925年から発売しています。ちなみにオリエンタル系というのは、動物性香料のを使用した新婦的かつセクシーな香りの香水のことです。

インドの皇帝シャー・ジャハーンと愛妃が愛を誓い、贅を尽くして作ったのが「シャリマー庭園」という美しい庭園でした。

この美しい庭園が舞台の美しい物語にジャックゲランがインスピレーションを受けて誕生したのがシャリマーです。シャリマーとはサンスクリット語で”愛の宮殿”を意味します。ちなみに、シャー・ジャハーンとは後にかの有名なタージ・マハルを築き上げる人物です。

さらに、シャリマーのボトルはパリの万国博覧会で最高賞を受賞しています。扇型の美しい曲線はシャリマー庭園の泉、サファイアのキャップは噴水をモチーフに作られています。

 

 

【口コミで見るゲランの人気】

日本国内だけでも圧倒的なクチコミ件数

ゲランはコスメメーカーなので、香水以外のブランドも発売していますが、圧倒的に人気なのは、やはり香水です。口コミサイトでも圧倒的な購入者数と評価の高さを維持しています。サムサラとシャンゼリゼは口コミサイトで500件以上口コミがある程人気商品です。

香水メーカーとして、500件以上口コミがある商品が2つもあるというのはとてもまれで、多くのユーザーに支持されている証です。ジッキー、ミツコ、シャリマーの口コミは100~200件前後ですが、こちらもベストセラー商品として長年定番の香水です。

アットコスメのレビューは7点満点ですが、ゲランの香水は基本的に高得点で、特に人気のシリーズはどの商品も5点以上です。レビューの内容も細かいので、買い手がどれほど大切に選んで購入したのか、また、どれほど満足したのかが伺えます。

 

実はメンズラインも人気

L'Homme Idéal Cologne - Guerlain〈ロムイデアル〉

これらのレディースの香水ブランドも人気ですが、ゲランのメンズ香水ブランドも人気です。

メンズ香水のシリーズは、ロムイデアルが特に人気で、香水のコンセプトはスマート・ハンサム・ストロングです。2014年に発売されたロムイデアルシリーズは、ゲランが長年の研究から女性が男性に求める香りを表現した香水で、ベストセラー商品になっています。

 

もちろんユニセックスのオーインペリアルも男女共に人気で、ゲランの香水は世界各国の男女に愛され使われています。

〈オーインペリアル〉

 

 

【ゲランブランドの魅力とは】

 

ゲランには、伝統と革新の香水文化があります。それは、ゲランの一族経営からLVMHグループ傘下に入ってからもブランドコンセプトとして維持されている社風です。

受け継がれる調合の伝統

オー・デ・コロン・イムペリアルと「ゴールデンビーボトル」。栓の形状・装飾は1924年に変更があり献上当時の意匠と異なる

伝統香水部門では、皇帝御用達になった「オー・デ・コロン・イムペリアル」が有名で、歴史的にもゲランの名前を広く世間に知られるきっかけになった香水です。

 

革新的な製法

また、ジッキーは当時では革新的な調合方法で脚光を浴びて、香水界に新たな調合方法を広げた逸品です。ジッキーにはそれまで使われていなかった調合方法の天然素材と合成香料の融合を果たした実績があります。

近代香水の祖と呼ばれ、ローズマリー・ベルガモット・ラベンダーという天然素材を使い、そこにクマリン・バニリンの合成香料を上手く合致させてジッキーを開発しています。

さらに、1987年ルース状しかなかったパウダーの世界に初めて色とりどりのパール状のフェイスパウダーを誕生させたのもゲランです。世界初の球体のフェイスパウダーは「メテオリット」という名前でデビューしました。

メテオリットの新しいフェイスパウダーは世の中の女性がメイクをする楽しさや新鮮さを新しい角度から提案し、女性の内側から光るような輝きを導き出してくれます。

 

プロモーションにおいても一流

Abeille Royale - Guerlain

ゲランはプロモーションにおいても一流です。例えばサムサラのプロモーションには、莫大な広告費用がかかっており、世界中で脅威の売上を達成しています。

もちろん単に広告費をかければいいというものではなく、伝統と歴史があり、丁寧に調香された香水や物語を演出してくれる手間のかけられたボトルが魅力的で、ブランド力が高かったことから、広告費をかければかけるだけ売れていくというような状態をつくりだしたのです。

 

 

まとめ

ゲランのコスメや香水のみが持つ芸術性の高いビジュアルに、こだわり抜かれた品質は世界中の人々を魅了し続けます。

さらに、新しい技術や価値を生み出し続けながらも、伝統的な調香や格式高いブランド精神を忘れないことで積み重ねられてきたブランド力は、ゲランの商品を手にとった人を特別な気持ちにしてくれます。

創業当時から変わらない美への探究心こそゲランの魅力の根源にあるものではないでしょうか。

 

 

ゲランの買取強化商品一覧はこちら

参考サイト:http://www.guerlain.com/jp/ja